【マードレ美術館】ナポリの中心で感じる現代アート美術館 -Museo madre-
スポンサーリンク

マードレ美術館

1900年代後半~2000年代にかけての比較的新しい現代芸術作品の展示やイベントなどが定期的に開催されています。ナポリの歴史地区エリア付近では唯一となる現代アート美術館です。

マードレ美術館
マードレ美術館の入口

マードレ美術館の成り立ち

アルヴァロ・シザ
アルヴァロ・シザ 画像引用:https://www.monadebooks.com

近くに位置するサンタマリア・ドンナレッジーナ教会の名称から、「ドンナレッジーナ 現代美術館」とも呼ばれ、すべての現代美術館の"母"的な存在になれるようにとこのマードレ美術館という名がつけられました。(母はイタリア語で"madre マードレ")

もともとは19世紀ごろの建物でしたが、2004年にカンパニア州が建物を所有していたナポリ銀行から買い取り、現代美術館として開設しました。その際に設計・建築に携わったのはポルトガルを代表するポルトガル人建築家でウルフ賞などの数々の賞を手にしたアルバロ・シザ(alvaro siza)です。

近代のナポリのアートを楽しめる

2005年のオープン以来、日本でも何度か展示会が行われたナポリ人アーティスト フランチェスコ・クレメンテ(Francesco Clemente)による壁画"Ab ovo"を代表とする、ナポリの古く歴史のある芸術とはまた違った、新しく勢いのある作品が多くの人の心を魅了しています。

過去と現代、未来へと続いていく、現代アート美術館。もし時間があれば立ち寄りたいスポットです。

スポンサーリンク

基本情報

オススメ度★★☆☆☆
名称マードレ美術館(Museo madre)
住所Via Luigi Settembrini, 79, 80139 Napoli NA
最寄駅ナポリ中央駅(Napoli Centrale)、またはムゼオ駅(Museo)から徒歩約15~20分
料金7ユーロ
定休日火曜日
営業時間10:00-19:30、10:00-20:00(日曜日)
公式サイトhttps://www.madrenapoli.it/
アルテカード-----

*アルテカードは候補の中からの3つの美術館・博物館が無料、4つ目以降は割引価格が適用されます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事