【ナポリ式コーヒーメーカー】本場ナポリからクックメッラの歴史や特徴・使い方を紹介!
スポンサーリンク

クックメッラって何?

イタリアのコーヒーといえばもちろんエスプレッソが有名で、バールでも"カフェ"といえばエスプレッソのことを指します。ただエスプレッソの歴史は意外と浅く、バールで本格的なエスプレッソが飲めるようになったのは20世紀になってからです。

それまでのイタリア、特にナポリを中心に飲まれていたのがこの「クックメッラ」を使ったコーヒーです。

クックメッラの歴史

コーヒー

クックメッラは1819年フランス人のモリーゼ(Morize)によって発明されたとされています。フランスに統治されていた背景のあるナポリは、ナポリーフランス間の流通が多く、クックメッラは家庭でも使えるコーヒーメーカーとしてすぐにナポリにも持ち込まれました。

クックメッラの語源はナポリの方言で銅製やテラコッタの容器を表す"クックマ(Cuccuma)"に由来します。現在ではほとんどのものがアルミ製(もしくは外側は銅製で内部はアルミ製)のものが主流となっています。

日本では「ナポレターナ」と呼ばれている場合もあります。

今でも使われているの?

実際のところ、ナポリの家庭でもクックメッラを使っている人はかなり少数派といえます。直火式のエスプレッソメーカー・マキネッタ(モカ)が開発されてから、より短時間で美味しいエスプレッソを飲めるようになったのがその理由です。

それでも、おじいちゃんやおばあちゃんなどのお年寄りには依然として人気がありますし、カフェが蒸気で蒸らされている時の香り、その待ち時間がたまらない!といったこだわりを持つナポリの人たちも数多くいます。

~クックメッラの特徴~

そんなちょっとマニアックなナポリ式コーヒーメーカー・クックメッラの特徴をみていきましょう!

クックメッラの特徴
  1. ドリップ式
  2. フィルターいらず
  3. シンプルで丈夫
  4. 待ち時間が最大の魅力
  5. マキネッタより薄く、ドリップコーヒーより濃い

1. ドリップ式

まず一つ目の特徴としては、蒸気による圧力を利用するマキネッタや通常のエスプレッソマシンと違って、容器を逆さにすることで沸騰したお湯がコーヒーを通って下へと抽出される、重力を使ったドリップコーヒーということです。

今でこそエスプレッソで有名なナポリですが、こういったクックメッラを使ったドリップコーヒーを飲んでいた時期もあるんです。

2. フィルターいらず

ドリップコーヒーといえば、通常紙のフィルターを通してコーヒーを抽出するのが基本ですが、クックメッラの場合は紙のフィルターはなく、本体に空いた小さな穴によってフィルティングされます。

そのため、コーヒーの油分が途中で取られることなくダイレクトに抽出され、コクのあるリッチなコーヒーがおとせるのが特徴です。

3. シンプルで丈夫

クックメッラは3つの容器から成っていて、最初こそどのように抽出したらいいか迷いますが、慣れてしまえばいたってシンプルなコーヒーメーカーです。シンプルな構造なだけあって壊れにくく、知り合いのおばあちゃんも数十年に渡って同じものを使い続けています。彼女いわく何度も何度もコーヒーを入れることでクックメッラ自体もコーヒーと馴染んで、より美味しいコーヒーができるといいます。

4. 待ち時間が最大の魅力

ナポリの人たちにとってカフェを待っている時間というのはこれまだ心地よい時間。部屋中に蒸されたコーヒーの香りが漂う中で、ビスケットなどの軽い朝食を済ませると、ちょうどいい時間にクックメッラのコーヒーができあがります。

最近はモカや、ボタン一つで素早く本格的なエスプレッソが飲める家庭用エスプレッソマシンも普及していますが、だからこそクックメッラのような時間をかけて抽出されるコーヒーにはまた違った魅力があると思います。

5. マキネッタより薄く、ドリップコーヒーより濃い

一言で特徴を言い表すのは難しいですが、イメージとしてはマキネッタでつくるエスプレッソよりも薄く、ドリップコーヒーよりも濃いといった感じがわかりやすいかと思います。(かなり大雑把なので語弊あるかもしれませんが)

クックメッラでつくるコーヒーは圧力をかけて抽出するわけではないので、クレマもありませんし、ギュッと濃く苦みのあるエスプレッソが抽出されるわけではなく、どちらかというと優しいけれど、コクのある甘さを感じることができます。また、モカやエスプレッソでは焦げ臭くなってしまうこともあると思いますが、ドリップ式なのでそんなこともなく、コーヒー本来の味わいを自然な形で抽出します。

"エスプレッソはちょっと苦みが強すぎて苦手だけど、ドリップコーヒーよりもリッチでコクのあるコーヒーが飲みたい!"という方にぜひオススメのクックメッラです!

クックメッラの使い方

ここでは実際にクックメッラの使い方をご紹介したいと思います!

僕自身はクックメッラもマキネッタ(モカエキスプレス)も持っていますが、普段はマキネッタ、時間のゆとりがあってお菓子と一緒に飲みたいなという時などはクックメッラを使ったりと、その時の気分によって使い分けています。

①クックメッラは全部で3つのパーツに分かれます。水を入れて沸かす容器(左)、コーヒー粉を入れる容器(真ん中)、コーヒーが抽出される容器(右)
②まずは水用の容器に水を入れていきます。分量は決まってないので自分で調節しましょう!小さく開いた穴より下なら大丈夫です。
③反対側からみるとこんな感じで穴があいてるのがよくわかります。沸騰するとこの穴から水が噴き出てくるので、そのタイミングでクックメッラをひっくり返します。
④次は真ん中の容器のふたを開け、コーヒー粉を入れましょう!こちらも量はお好みで 笑。自分の好みに合わせてカスタマイズしていきましょう!
⑤コーヒー粉を入れたらしっかりふたをします。極細挽きは穴から出てしまうので避けましょう。細挽き中細挽きあたりがベストです。
⑥そうしたら②-③で用意した水の入った容器の中に④-⑤で用意したコーヒー入り容器をスポッとはめ込みます!
⑦こんな感じでセット完了!
⑧あ、もう一つのコーヒーが抽出される容器を忘れずに。この容器を上に置くことで蒸気がまんべんなくコーヒーを蒸らしてくれます。
⑨これで本当にセット完了!
⑩水が入った容器を下にして、火にかけていきます。できるだけゆっくりと時間をかけるとコーヒーが開きます。取っ手がこげないように注意!
⑪時間が経って水が沸騰すると小さな穴からお湯が噴き出てきます!このタイミングで火から外し、クックメッラをひっくり返します!
⑫ひっくり返した状態。沸騰したお湯がコーヒー粉の入ったフィルター部分を通って下の容器にゆっくりと抽出されていきます。
⑬上の容器を開けてみるとこんな感じ。上の容器のお湯が全て下に落ちるまで待ちましょう。目安は5~10分くらいと言われています。
⑭抽出完了!香ばしくとてもいい香りが広がります。

日本でクックメッラを楽しむには

一番いいのは現地ナポリでクックメッラを購入することです。ナポリには大きさも多種類あり、デザインや材質も豊富ですし、なによりお手頃な価格で手に入ります。イタリアの他の都市でも売っているところはあるとは思いますが、専門店でもない限り取り扱っているところはかなり少ないようです。

今ではAmazonからでも簡単に手に入れることができます。下のリンクのものは僕が使用しているものと同じアルミ製モデルのサイズが少し大きいもの(デミタスカップ6カップ以上)。伝統的なタイプで使い勝手もいいですし、軽いです。ただ、取ってのプラスチックの部分が火に近すぎると焦げてしまうので注意しましょう!

スチール製や銅コーティングされているものも見た目がグッとかっこよくなりますが、個人的にはアルミ製でも十分だと思っています。

ご自宅でナポリ式コーヒーメーカー・クックメッラを使って贅沢なカフェの時間をお過ごしてはいかがでしょうか。

**JTBショッピング**

イタリア旅行に行きたくても行けない、そんなモヤモヤをショッピングで解消!

 

イタリア土産や食材など豊富な品ぞろえの"JTBショッピング"で海外旅行気分が味わえます。

 

▽▽▽▽▽

お土産・お取寄せならJTBショッピング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事