【ポジリポの丘】ナポリを一望できる最大の絶景スポット!-Terrazza di Sant'Antonio-

風光明媚な景色で知られているナポリ。

市内にはいくつもの絶景ポイントがあり、ナポリの街並みとナポリ湾を望むことができます。そんな中でも、最も美しく、有名なのがポジリポエリアにあるポジリポの丘です。そんなナポリ一の絶景スポットの行き方やポイントについてご紹介します!

スポンサーリンク

ポジリポの丘

ポジリポはヴォメロと並んでナポリの高地に位置していて、ナポリの街並みと海を一望できる位置にあることで知られています。

日本語では"ポジリポの丘"と少しアバウトな表現をされることが多いですが、実際にはポジリポにあるサンタアントニオ教会(Chiesa di Sant'Antonio)近くにある広場・テラスからの景色のことを指します。

サンタアントニオ教会のテラス

メルジェッリーナ港から上にのぼっていったところにある、サンタアントニオ教会のテラスからはナポリの街並み、遠くにそびえるヴェズーヴィオ山、青いナポリ湾に浮かぶ卵城などを見渡すことができ、訪れる多くの人の心をつかんできました。

「ナポリを見てから死ね」

ナポリの素晴らしさを表す"Vedi napoli e poi muori(ナポリを見てから死ね)"という有名な言葉があります。
この言葉は、かの有名なドイツの詩人ゲーテの言葉。

ゲーテはおよそ2年間にわたり憧れの地であったイタリアを旅行する中で、特にナポリの街に大きく感動を受け、他のどの世界の街とも違う素晴らしい街だと自身の著書"イタリア紀行(Italienische Reise)"につづっています。

ゲーテにそこまでいわしめた魅力溢れるナポリを一望できるポジリポの丘は、ぜひナポリにきたら足を運びたい場所のひとつです。僕はいつもここからナポリのパノラマを見ると、世界の大きさをひしひしと感じて、悩み事なんかもちっぽけなものに見えてきます。

ポジリポの丘
結婚式で大人気のサンタアントニオ教会
ポジリポの丘
サンタアントニオ教会のテラスはみんな大好き

ポジリポの丘への行き方

ポジリポの丘へ行くにはメルジェッリーナ港近くからでているフニコラーレとよばれるケーブルカーを使ってアクセスすることができます。

  1. メルジェッリーナ駅へ向かう
    ナポリ市内からアクセスする場合は、ガリバルディ駅、カヴール駅、モンテサント駅などからメトロのLinea2を使ってメルジェッリーナ駅へ向かいます。
  2. フニコラーレの駅へと向かう
    メルジェッリーナ駅の到着したらフニコラーレのメルジェッリーナ駅を目指しましょう。出口の右方向に真っすぐ進んでいきます。人魚の噴水があるサンナンツァーロ広場(Piazza Sannanzaro)を渡り、ライオンの噴水を通り越し、横断歩道を渡ると右手にフニコラーレ メルジェッリーナ線のメルジェッリーナ駅があります。
  3. サンタアントニオ駅で下車
    およそ10分に一本のペースで運行しているフニコラーレに乗車して、最初の停車駅であるサンタアントニオ駅(S.Antonio)で下車します。
  4. 徒歩で5分ほど登る
    サンタアントニオ駅の出口を出たら左方向に坂を上っていきます。徒歩5分くらいで右手にサンタアントニオ教会のテラスへの入口である下り坂が現れるので、その下り坂を下りていけばポジリポの丘へ到着です!
フニコラーレ メルジェッリーナ線

・営業時間ー7:00-22:00
・運行間隔ー10分に一本
・運休日ー特になし

※30分に一本、途中駅に停車しない"メルジェッリーナ駅ーマンツォーニ駅直通"のフニコーレがあるので、乗車の際は注意してください。

スポンサーリンク

ポジリポの丘から見える夜景

晴れていても、雨でも、くもりでも、夏でも、冬でも、いつでもきれいなポジリポからの景色ですが、特に人気なのは夜景です。静かな空気の中、ナポリ中の明かりがキラキラと灯る景色はロマンチックの極みで、俗にいう世界三大夜景のうちの一つともいわれています。

夜景を見るためにはフニコラーレで移動するのはちょっと心配です。

夏だと暗くなり始めたころにフニコラーレの最終を気にしなくてはいけません。トラブルを避けるためにも夜景を見に行く際にはタクシーの利用をオススメします。

ポジリポの丘夜景
実際の夜景は写真の何倍もきれいです!

基本情報

オススメ度★★★★★
名称ポジリポの丘(Terrazza di Sant'Antonio)
住所Via Minucio Felice, 3-7, 80122 Napoli NA
最寄駅サンタアントニオ駅(Sant'Antonio, Funicolare)から徒歩約5分
料金無料
定休日なし
営業時間-----
公式サイト-----
アルテカード-----
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事