サンドメニコ広場
スポンサーリンク

サン ドメニコ マッジョーレ広場

真っすぐとのびるスパッカナポリに面したこの広場はスパッカナポリの中心的位置にあり、近くにナポリ東洋大学やナポリ大学、音楽大学などが集まっていることから学生たちがよく集まる場所でもあります。

広場にはバールや、ジェラテリアなどがあり、暖かい季節には広場に各バールのテーブルが広げられ、アペリティーボやジェラートを楽しむ人たちでにぎわいます。

周辺の建物

広場の周りはペトゥルッチ館(Palazzo Petrucci)をはじめ、ナポリ東洋大学の校舎として使われているコリリャーノ館(Palazzo di Corigliano)や老舗パスティッチェリア・スカトゥルキオなどが入っているカサカレンダ館(Palazzo di Casacalanda)などの15~18世紀から続く由緒ある貴族の館で囲まれています。

サン ドメニコ広場のオベリスク

ひときわ目立つオベリスク(Obelisco di San Domenico Maggiore)は1656年ごろ流行したペスト病に侵された人たちの回復と感謝を込めて、ドメニコ会神父やナポリ市民の願いでつくられたものです。

1658年にコジモ・ファンザーゴによって着工され、1736年ドメニコ・ヴァッカーロによって完成されました。塔には凱旋や祝福のテーマ、子供、ドメニコ会の紋章などの彫刻がみられ、頂には聖ドメニコの彫刻がそびえたちます。

サン ドメニコ マッジョーレ教会

サンドメニコ教会内部

広場に建つサン ドメニコ教会(Basilica di San Domenico Maggiore)は1283年から1324年にかけてアンジュー家カルロ2世(CarloⅡd'Angiò)の命により、ドメニコ修道会の教会としてつくられたものです。教会は時代ごとに地震や火事などの影響を受け、何度も改修されてきました。

特に17世紀の修理ではナポリを代表する建築・彫刻家であるコジモ・ファンザーゴ(Cosimo Fanzago)やドメニコ・ヴァッカーロ(Domenico Antonio Vaccaro)などによりバロック様式の要素がふんだんに取り込まれました。現在でも教会内部は白と金を基調とした清らかで美しいバロック様式の空間を感じられ、祭壇近くにはコジモ・ファンザーゴによる見事な大理石の彫刻や、立派な18世紀代のオルガンを見ることができます。

ブランカッチョ礼拝堂

教会に入って右から2番目にブランカッチョ礼拝堂(Cappella Brancaccio) はあります。

別名"フレスコ画の礼拝堂(Cappella degli affreschi)"とも呼ばれるこの礼拝堂には、主に13世紀から14世紀にかけて活躍したイタリア人画家カヴァッリーニ(Pietro Cavallini)によるフレスコ画が展示されています。

彼はアンジュー家の時代にナポリに呼ばれ、サンドメニコ教会のためにこれらのフレスコ画を描きました。アンジュー家時代のフレスコ画が残っているのはこの教会で彼の作品だけで、イタリア絵画の歴史の中でも非常に重要な意味を持ちます。イエスが十字架に磔にされる様子を描いた"Crocifissione di Cristo(イエスキリストの十字架)"や、他にもイエスの使徒の一人アンデレマグダラのマリアなど、新約聖書に関するフレスコ画が描かれています。

ブランカッチョ礼拝堂

サン ドメニコ マッジョーレ広場にまつわる怖い話...!?

実はここサン ドメニコ マッジョーレ広場は、昔から心霊スポットとして地元の人に有名な場所なんです。


~ 満月の夜中、サン ドメニコ広場とその近くのサンセヴェーロ館の間を、愛人を探してさまよう小柄できれいな女性とその悲鳴が聞こえるとされています。事の発端は1590年におきた殺人事件にあります。

1586年に結婚した作曲家カルロ・ジェズアルド(Carlo Gesualdo)と従妹で妻のマリア・ダヴァロス(Maria d’Avalos)でしたが、結婚生活はあまり順調とはいえず、カルロが音楽に没頭してマリアをあまりかまっていなかったこともあり、マリアはアンドレア公ファブリッツォ・カラファ(Fabrizio Carafa)と不倫関係をもつようになります。

そのことを部下から知らされたカルロは怒りで震え上がり、二人の寝ていたサンセヴェーロ館に部下を率いて乗り込み、ベッドの上で殺害しました。あまりにも残酷な仕打ちをしたことで世間はマリアに同情し、カルロはナポリを去ることになりました。この殺人事件から、未だにマリアは幽霊となって、愛人のファブリッツォ・カラファを探し続けているといわれています。~

基本情報

オススメ度★★★★☆
名称サン ドメニコ マッジョーレ広場(Piazza San Domenico Maggiore)
住所Piazza S. Domenico Maggiore, 80134 Napoli NA
最寄駅ダンテ駅(dante, linea1)から徒歩約10分
料金無料(DOMO博物館は5ユーロ)
定休日なし
営業時間10:00-19:00 (DOMO博物館は18:00まで)
公式サイトhttps://www.museosandomenicomaggiore.it/
アルテカードアルテカード利用で4ユーロ(DOMO博物館)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事