【サンロレンツォの夜】夏の夜空に輝く流れ星をみよう -Notte di San Lorenzo-
スポンサーリンク

サンロレンツォの夜

イタリアで8月10日はサンロレンツォの夜(Notte di San Lorenzo)として有名で、この日の前後は流れ星が多く見られます。

ペルセウス座流星群

8月はペルセウス座流星群が出現する時期で、世界各地で流れ星を見ることができます。

日本でもこの時期は流れ星が多く見られる時期として知られていますが、イタリアは特に流れ星がよく見える気がします!夏の暖かい気候も一役買い、たくさんの人が夜空を見ながら夏の夜を楽しみます。

バカンスの真っただ中でもあるため、街中で星を見るというよりは、ビーチやバカンス先でこの日を過ごすことが多いのも事実です。

ちなみにイタリアでは願い事は3回唱える必要はなく、1回で大丈夫です。

サンロレンツォの涙

イタリアでは8月10日は流れ星を見る日という他にももうひとつの意味があります。

それはサンロレンツォの夜という名前からもわかるように、殉教した聖ロレンツォをおぼえる日という意味合いです。

聖ロレンツォはキリスト教が迫害されていた時代のローマの教会においてキリスト教の宣教に専念し、258年の8月10日、皇帝により捕らえられ処刑されました。

そのため、8月10日の夜空に流れる星たちはサンロレンツォが流した涙(Le lacrime di San Lorenzo)といわれています。

ナポリでのサンロレンツォの夜イベント

ナポリ市内でもビーチなどを中心にイベントが開催されます。海で泳いだ後に、アペリティーヴォがてら流れ星をみるなんて理想的ですが、ビーチでなくてもナポリには流れ星を楽しめるスポットがたくさんあります。

ナポリでサンロレンツォの夜を過ごす時にぜひオススメするスポットを3つご紹介します!

サンマルティーノ広場

流れ星を楽しめるスポットとして真っ先に思い浮かぶのがヴォメロ地区にあるサンマルティーノ広場です。

ナポリの中でもトップクラスの絶景が望めるこの広場から夜空を眺めれば、ヴェズヴィオ火山の上を通ってナポリの街へと降り注ぐ流れ星をみれるはずです!

近くにアペリティーヴォや食事を楽しめるレストランもあるので、テラス席で流れ星を見ながらのディナーなんて最高ですね!

サンマルティーノ
お昼はナポリ歴史地区がはっきり望めます!
サンマルティーノ
夜もナポリの街の光が映えて美しい

ルンゴマーレ

ナポリの夜の散歩として人気が高いのがやっぱりルンゴマーレ。

ナポリのチェントロからも近く、気軽に足を運べるのもオススメなポイントです。ナポリの夏の夜は意外と涼しくて、海の風を感じながらルンゴマーレを散歩するのはすごく気持ちがいいです。

遮るものもなく、夜空を180℃見渡せるので、流れ星を眺めるには絶好のスポットです。

ルンゴマーレ
海の上には夜空がいっぱいに広がります
ルンゴマーレ
たくさんの人で賑わうレストラン。気分もあがります!

ポジリポの丘

ナポリを一望できるスポットで外せないのがポジリポの丘

言うまでもなく、ナポリの街で一番の絶景スポットといえるサンタアントニオ教会の広場からは、流れ星もよく見えます。近くの屋台で冷たい飲み物を飲みながら、ナポリの街の上に輝く星を眺めるなんて素敵な思い出になること間違いありません。

夜にバスやフニコラーレを使うのはあまりオススメしないので、タクシーを使う必要がある点が、唯一の欠点です。

ポジリポの丘
ここからの景色は海と街のバランスが最高!
ポジリポの丘
こんなところから流れ星が見えたら幸せです

流れ星が見れるのは8月の10~14日が通例で、その数日間は流れ星がほんとによく見られます!今回ご紹介した場所以外にも、メルジェッリーナ港などからもよく見れますし、気づいたときにじっと空を見上げるだけでも十分見ることができます。

バカンスでレストランやお店が閉まっていたりと、マイナスなイメージもある8月ですが、ナポリの夜空に輝く流れ星が見れればそんなマイナスも吹き飛びますね!8月にご旅行の際はぜひ、お見逃しなく!

**JTBショッピング**

イタリア旅行に行きたくても行けない、そんなモヤモヤをショッピングで解消!

 

イタリア土産や食材など豊富な品ぞろえの"JTBショッピング"で海外旅行気分が味わえます。

 

▽▽▽▽▽

お土産・お取寄せならJTBショッピング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事