ナポリークーマ
スポンサーリンク

クーマ遺跡へ電車とバスで行く

クマーナ線+EAVバス

ナポリの歴史のはじまり、クーマ。
紀元前6世紀クーマの地に足を踏み入れたのはギリシャ人でした。彼らの文明の一端を肌で感じることができ、歴史好きにとってはたまらない場所です。

クーマ遺跡(Parco Archeologico di Cuma)へはクマーナ線の電車とEAV社のバスを使って行くことができます。

クーマ遺跡への行き方

・モンテサント駅 乗車(クマーナ線)

・フサロ駅 下車
・フサロ駅 EAV社バス乗車

・クーマ遺跡 到着

クマーナ線に乗り、フサロ駅に着いたら電車の進行方向の右側(フサロ湖側)の出口を直進、最初のT字路交差点を右に進んだところにあるバス停からEAV社の循環バスに乗ります。

このバスはミセーノ - クーマ - フサロの間をとぐるぐる循環している路線です。フサロ駅はかなり小さくて案内表示もあまりないので、近くにいる人に「クーマ遺跡に行きたい」と聞いてみましょう、すぐにバス停を案内してくれるはずです。

フサロ駅からバスに乗車すると、一旦バスの発着点であるミセーノに向かい(ミセーノで15分間待機)、その後バスが走り始めたら"クーマ遺跡(Cuma Scavi)"という停留所で降りてください。

ナポリへの帰り方

基本的に帰りも行きと同じ道で帰れば大丈夫です。

"クーマ遺跡(Cuma Scavi)"からバスに乗車して、フサロ駅近くの"Via Fusaro Alenia"という停留所で降りてください。Cuma ScaviからVia Fusaro Aleniaまでは10分ほどで着きます。

フサロ駅からはクマーナ線に乗って、モンテサント駅まで帰ってこられます。

フサロ駅近くにある"湖に浮かぶ美しい家"

フサロ駅はフサロ湖に浮かぶ美しい家として有名な、ヴァンヴィテッリーナ荘(Casina Vanvitelliana)のすぐ近くにあります。フサロ駅を訪れる際にはぜひ観て、写真を撮ってほしいオススメ写真スポットです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事