【ラディズラーオ1世とルイージ2世・ダンジュー】父の遺志を受け継いだ息子同士のナポリを巡る争い -Ladislao I d'Angiò Durazzo e Luigi II d'Angiò Valois-
スポンサーリンク

人物紹介

ラディズラーオ VS ルイ2世・ダンジュー

アンジュー・ドゥラッツォ家のカルロ3世とマルゲリータ・ディ・ドゥラッツォとの間に生まれたラディズラーオは、父のカルロ3世が亡くなった時は9歳という若さであったため、ナポリ王として即位しますが、実際には母のマルゲリータが政治を行っていました。

1386年に即位した3年後の1389年、父の宿敵であったルイ1世の息子ルイ2世・ダンジューに攻め込まれ、ナポリから追放を余儀なくされました。ルイ2世・ダンジューはナポリ王ルイージ2世として一時的にナポリを治めることとなります。

しかし10年後の1399年に再びルイ2世からナポリを取り戻すことに成功したラディズラーオ1世は、その後もルイ2世から度々攻め込まれるものの、ナポリ王の座は渡せませんでした。

対立したルイ2世・ダンジューはナポリをすごく気に入っていて、1399年にラディズラーオにナポリを奪い返されてもあきらめず、1409年にラディズラーオ1世が対立教皇に破門されたのをきっかけにトスカーナ地方の国と組んでナポリを手に入れようとしますが、失敗に終わっています。

後継者は姉のジョヴァンナ2世へ

ラディズラーオ1世は3度結婚するものの、子どもには恵まれず、一人も後継者がいませんでした。そのため、1414年38歳という若さでこの世を去ると、カルロ3世の娘でラディズラーオ1世の姉であるジョヴァンナ2世がナポリ王権を受け継ぎました。

ラディズラーオ1世

ラディズラーオ1世
画像引用: wikipedia
ナポリ王ラディズラーオ1世
家系アンジュー・ドゥラッツォ家
出生ー死去1376年2月11日ー
1414年8月6日(38歳)
両親カルロ3世
マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォ
コスタンツァ・キアラモンテ
マリー・ド・リュジニャン
マリア・デンギエン
子どもなし

ルイージ2世 (ルイ2世・ダンジュー)

ルイージ2世
画像引用: wikipedia
ナポリ王ルイージ2世
家系ヴァロワ・アンジュー家
出生ー死去1377年10月5日ー
1417年4月29日(39歳)
両親ルイ1世・ダンジュー
マリー・ド・ブロワ
ヨランド・ダラゴン
子どもルイ3世
マリー
ルネ
など5人

**JTBショッピング**

イタリア旅行に行きたくても行けない、そんなモヤモヤをショッピングで解消!

 

イタリア土産や食材など豊富な品ぞろえの"JTBショッピング"で海外旅行気分が味わえます。

 

▽▽▽▽▽

お土産・お取寄せならJTBショッピング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事