【父の日】イタリアの父の日はいつ?過ごし方と伝統的なお菓子 -Festa del Papà-
スポンサーリンク

イタリアの父の日は3月19日

父の日は世界的に祝われる祝日で、父親への感謝を表す日です。日本ではアメリカなどと同じ6月の第3水曜に祝われますが、イタリアでの父の日は3月19日となっています。

聖ヨセフの日

イタリアを含むカトリックが主流の国では聖ヨセフの日が父の日とされています。

聖ヨセフの日はイタリア語でサンジュセッペ(san giuseppe)といわれ、ジュセッペという名がつく人の名前の日(onomastico)でもあります。ヨセフはイエスの父であるため、カトリック文化のイタリアではヨセフは父の代表的な存在なんです。

父の日のプレゼント

お父さん

父の日のプレゼントは特に決まってませんが、紳士服などのファッション系アイテムが多い気がします。

ネクタイ、靴下、シャツ、ジャケット、セーター、ハンカチ、時計などなど。ナポリではこの時期に合わせて紳士服の冬物のセールも行われます。

ナポリは特に紳士服のお店が多いことでも有名で、ネクタイのマリネッラ(marinella)やアントニオ・バルバロ(antonio barbaro)などは日本でも老舗高級イタリアンブランドとして知られています。

ゼッポレ 父の日のドルチェ

ゼッポレ

ナポリの父の日に欠かせないドルチェがゼッポレ(zeppole di san giuseppe)です。

ゼッポレは微妙に違うレシピでイタリア各地でつくられますが、オリジナルはナポリのゼッポレ。この日のパスティッチェリアにはゼッポレしか売られていません。ショーケースにはこれでもかとゼッポレが並びます。

ゼッポレの生地はシュー生地とほぼ同じです。シュー生地を星形で輪になるように絞り出して焼成に移ります。伝統的にはゼッポレは油であげるのが本来のレシピですが、最近ではオーブンで焼いたタイプも低カロリーで(決して低カロリーではありませんが 笑)人気です。

ゼッポレの上にカスタードクリームとアマレーナのシロップ漬け、粉糖をかければ完成です。

ショーウィンドウ
ショーケースいっぱいに並ぶゼッポレ
ゼッポレ女の子
ゼッポレはみんな大好き!
ゼッポレ
揚げ←左、焼き→右
(見た目ではわかりません 笑)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事