最高に美味しいトマトソースの作り方

イタリア料理に欠かすことのできないトマトソース。

ひと口にトマトソースといっても、作り方は人によってそれぞれで、世の中には色々なレシピが出回っています。今回は最低限のシンプルな材料だけで作れる、とても美味しいトマトソースのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

美味しいトマトソースのポイント

トマトソースはイタリア料理の基本的なソースで、アラビアータやアマトリチャーナなどのパスタをはじめ、煮込み料理などにもよく使われます。肉でも魚でも、野菜でもどんな食材とも合いやすく、万能に活躍してくれるのもトマトソースの特徴です。

そんなトマトソースを作る上でのポイントをみていきましょう。

1. 旨味と甘みを生むだす玉ねぎ

どんなソースを作るにも味のベースとなってくれる優等生が玉ねぎ。トマトソースに玉ねぎが入ることによって、トマトの酸味を和らげてソースに旨味と甘みを加えてくれます。

だからといって玉ねぎを入れすぎると甘みが強すぎてくどいトマトソースになってしまいます。適度な酸味があってのトマトソースなので、玉ねぎは前に出すぎない程度がちょうどいいです。

2. コクとなるオリーブオイル

「なんかトマトソースにコクがないな~」なんていう時はオリーブオイルの量が少ないことが原因かもしれません。オリーブオイルが少ないトマトソースは水っぽくて味気のないソースになってしまい、食材との絡みも良くありません。

オススメなのは、オリーブオイルをトマトソースを煮込んだ後に加えること。こうすることで加熱によってオリーブオイル特有の香りが失われず、調節もしやすいです。詳しくは下のレシピで。

3. 最低限のシンプルな材料

美味しいトマトソースを作ろう!と意気込むと何かと色々な食材を入れてしまいがちです。にんじんやセロリなどの香味野菜、香りづけにニンニクやオレガノ、アクセントに黒胡椒も、、などなど。

足し算をするのでなく、引き算でつくるトマトソースは、トマト本来の心地よい酸味が感じられるトマトソースです。それを引き立てるために玉ねぎ、バジルなどの最低限のシンプルな材料で補ってあげる、と捉えるといいかもしれません。

また、基本のトマトソースをシンプルに仕上げることで、色々な料理に万能に使うことができます。アラビアータを作る時にはニンニクと唐辛子をプラス、魚のトマト煮込みにはオレガノをプラスなど、料理によって変えられるのもトマトソースをシンプルに仕上げるメリットです。

4. トマトソースの濃度

トマトソースを作るうえで重要なのが仕上がりのトマトソースの濃度です。特に気をつけたいのがトマトソースの煮込みすぎです。煮込みすぎてドロッと水分が少なくなってしまった状態ではトマト感が強くなってしまったり、食材と合わせた時のバランスが良くありません。

ポイントとしては煮込む際に、使うトマト缶と同じ量の水を入れて煮込むこと。こうすることで、しっかり煮込んでもサラッとした状態を保てます。仕上がりの目安はちょうど足した水の量分を煮詰めるくらい。

また、ブレンダーでトマトソースを撹拌することで、ムラのないサラッとしたトマトソースに仕上げることができ、パスタや食材とのバランスも絶妙に仕上がります。

5. パスタとソースの割合

パスタのソースとして使う場合に気をつけたいのがパスタとソースの割合で、これがとても重要。よくあるのがトマトソースの量がパスタに対して多いパターン。

適度な量でパスタに絡んだトマトソースは絶妙な酸味のバランスです。パスタを食べ終わったときにソースがほとんどお皿に残っていない状態がベストです。グラムにすると、一人分(約80~100g)のパスタに対して100gのトマトソースがちょうどいい量だと思います。

レシピ

トマトソースを作る時は少し多めに作っておくのもポイント。多めに作ってストックしておくことで、使いたい時にすぐに使えます。

しっかり加熱され、オリーブオイルもたっぷり入っているので、冷蔵庫でも1週間は保存できます。小分けにして冷凍保存もOKです。

材料(7~8人分)

・トマト缶(400g) 2缶
・玉ねぎ 1/2個
・塩 8g
・バジル 数枚
・オリーブオイル 30g


レシピ工程

①玉ねぎをスライスします。あとでブレンダーでまわしていくのでそこまで薄くなくても大丈夫です。

レシピ工程

②鍋に少量のオリーブオイル(分量外)を入れ、玉ねぎを弱火で炒めていきます。塩をひとつまみ加えて玉ねぎの甘みを引き出します。

レシピ工程

③玉ねぎがこのくらいまで薄っすら茶色く色づいてきたらトマト缶を加えます。

レシピ工程

④ここで空いたトマト缶に同量の水を入れ、鍋に加えます。トマト缶内部に残ったトマトもこれで無駄なく使えますね。

レシピ工程

⑤塩を加えて、中火でトマトソースを約15~20分煮込んでいきます。目安としては④で足した水分がなくなるくらいまで煮込みます。

レシピ工程

⑥煮込み終わったら火から外し、オリーブオイル、バジルを数枚加えてブレンダーで撹拌して完成!

トマトソースの使い方

このトマトソースさえあればアレンジも無限大!

トマトベースのパスタがとても簡単に美味しく作れます!ここでは基本的なアレンジを数種類紹介します。

バリエーション

例1) オリーブオイルとニンニクのみじん切り、赤唐辛子を弱火で炒めたところにトマトソースを加えればアラビアータのソースに。

バリエーション

例2) パンチェッタをじっくり炒め、スライスした玉ねぎを炒めたところにトマトソースを加えればアマトリチャーナのソースに。

バリエーション

例3) アンチョビ、オリーブ、にんにく、ケッパーを弱火で炒めたところにトマトソースを加えればプッタネスカのソースに。

この他にも揚げたナスと合わせたり、アサリに合わせてボンゴレロッソにしたり、エリンギやしめじなどのキノコをたっぷりと使った木こり風パスタなんかも美味しいですね!

ぜひ自分好みのトマトソースパスタを作ってみてください!

**JTBショッピング**

イタリア旅行に行きたくても行けない、そんなモヤモヤをショッピングで解消!

 

イタリア土産や食材など豊富な品ぞろえの"JTBショッピング"で海外旅行気分が味わえます。

 

▽▽▽▽▽

お土産・お取寄せならJTBショッピング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事