クレジットカード
スポンサーリンク

イタリアのクレジットカード事情

ヨーロッパ諸国では日本よりさらにクレジットカード決済の普及が進んでおり、多くのお店、美術館などでクレジットカード決済をすることができます。

イタリアでもクレジットカードは多くのショップやレストランで使うことができ、防犯上の理由から普段はあまり元気を持ち歩かない人が多いです。

クレジットカードのメリット
  • 高額な現金を持ち歩かないで済む
  • 盗難・紛失にも対応できる
  • 持っているだけで海外保険が受けられる
  • 現地ATMでユーロを直接引き出せる
  • 予想外の出費に対応できる

高額な現金を持ち歩かないで済む

イタリアでのショッピングは靴、腕時計などのファッションアイテムや、かわいらしい雑貨、本場のイタリア食材など、とても魅力的で旅行の醍醐味といえます。

しかし残念ながらイタリアではスリが非常に多いのも事実。特に日本人観光客は狙われやすいといわれています。

高額な現金を持ち歩くのはそれだけ注意を払わなければいけないですし、財布からのぞく現金がどのくらいかをスリが観察しているリスクもあります。このリスクが減るだけでもかなりのメリットです。

盗難・紛失にも対応できる

万が一、盗難・紛失ににあった時も対応できるのがクレジットカードです。

クレジットカードの盗難・紛失に気づいたらすぐにクレジットカード会社に連絡してカードの無効手続きを行いましょう。正しく迅速に手続きを行えば、ほとんどのケースで、付帯されている盗難保険が適用できるか、カード会社が損金を補償してくれます。

また、スリもすぐにクレジットカードを止められる、使えても足が残る可能性があることから、クレジットカードは盗まず現金だけ抜き取る手口も多くなっています。

現金で盗られた場合、泣き寝入りせざるを得ないことがほとんどです。

持っているだけで海外旅行保険が受けられる

海外旅行へクレジットカードを持っていく最大のメリットといってもいいかもしれません。

海外旅行へ行く上で、心配なのが何かあった場合の海外旅行保険。健康保険が効かない海外で数日入院すると、それだけで何百万という高額な出費がかかる場合があります。

しかし海外旅行保険を個別で申し込むのはお金もかかり少しもったいない気がします(実際、保険が必要なかったケースがほとんどなのも事実です)。

海外旅行保険付帯のクレジットカードがあれば、手続きいらず(利用付帯であればその条件を満たして)である程度の補償を受けることができます。

現地ATMでユーロを直接引き出せる

現金を準備していっても、どうしても何かのトラブルなどで現金が必要になることもあります。

日本円があれば現地の両替所や銀行でユーロに両替することも可能ですが、イタリアで日本円からユーロへの両替は高額な手数料や両替レートも決していいとはいえず、営業時間や定休日などにも注意が必要です。

そんな時クレジットカードのキャッシングを使えば、現地ATMから簡単にユーロを引き出すことができます。キャッシングには利息がかかってくるため不安になりますが、実は銀行や両替所での両替手数料よりもキャッシングにかかってくる利息の方が安い場合が多いです。

もちろん帰国してから返済を忘れてしまったりしてはいけませんが、経験上キャッシング利用翌日から2~3週間以内に返済できればお得にユーロを手にすることができます。

予想外の出費にも対応できる

国内、海外問わずクレジットカードの一番の特徴ですが、海外旅行ではことの他、思いがけない出会いがつきものです。そんな時に対応できるのはやはり大きなメリットだと思います。

クレジットカードは旅行用をつくるべき!

クレジットカード

海外旅行へ日本で普段使っているクレジットカードをそのまま持っていくことももちろんありです。

ですが、注意したいのは万が一盗難や紛失にあった場合、そのクレジットカードを支払い方法として登録しているものすべてに影響がでてしまうということです。

クレジットカードの利用停止手続きを行うと、そのカードはもはや削除され使えなくなってしまうので、例えば月額自動払いなどの設定をしているものはまた、新たに登録が必要になってしまいます。

ベストな方法としては、非常用として普段使っているクレジットカードを1枚、旅行用で実際に海外で使うクレジットカードとしてもう1枚の計2枚持ちが安心だと思います。

海外旅行用のクレジットカードを選ぶポイント

ポイント① VISA か MasterCard

海外で使えるカードといえばダントツでVISAMasterCardです。

イタリアでも例外なく、この二つはクレジット決済ができる店舗であればほぼ間違いなく使うことができます。逆に、JCBやアメックスなどは使えない店舗も結構あったりします。

ポイント② 海外旅行保険が充実しているカード

上記したように、クレジットカードには海外旅行保険がついてくるものがあります。補償内容はカードやグレードによって様々ですが、ひとつの目安として

傷害治療費用100~200万円
傷害死亡2000万円

は欲しいところです。ですが、クレジットカード付帯の保険ではそこまで届かないこともあります。それをクリアできるのがカードの2枚持ちです。実はクレジットカードの海外保険は複数のカードを合算することができま

海外保険付帯のクレジットカードを2枚以上持っていれば補償金額が合算されるので、よりお得に充実した保険を受けられるということです。

例)Aのカードの傷害治療保険100万円+Bのカードの傷害治療保険100万円=200万円

また、クレジットカードの海外旅行保険が適用されるには自動付帯と利用付帯の2つのパターンがありますので、確認しておきましょう。

自動付帯
(クレジットカードを持っているだけで保険が受けられる)

利用付帯
(旅行の交通費などをそのクレジットカードで支払うことによって保険が受けられる)

自動付帯のクレジットカードであれば、そのクレジットカードを持って旅行に行くだけで保険が適用されますが、利用付帯の場合はカード会社によって保険が適用される条件がありますので、その場合はあらかじめ利用条件を確認しておくことが大切です。

ポイント③ 年会費無料のクレジットカード

新しく旅行用にクレジットカードを作る場合、旅行用にわざわざつくったクレジットカードに年会費を払うのはちょっともったいない気がします。

もちろんゴールドカードなどグレードの高いカードには手厚い保険が受けられる、空港ラウンジが使用できるなど多くのサービスが付いていますが、その分、年会費もかかり旅行用にあえてつくるには向いてない気がします。

今では年会費無料でも特典や海外旅行保険が充実したカードがありますのでそちらをおススメします。

旅行用のクレジットカードなら"REXカード"がおススメ

REXカード

海外旅行用に年会費無料でつくるならダントツでオススメなのが"REXカード"です。

他のクレジットカードと比較しても群を抜いて利用価値が高く、とても魅力的なカードです。

REXカードの特徴

・VISAとMaster Cardから選べる
・年会費無料(永年!)
・海外旅行保険が自動付帯
・傷害治療費200万円、傷害死亡費2000万円補償
・ポイント還元率1.25%という高還元率

年会費無料、しかも自動付帯でこの充実した海外旅行保険は他に例がないと思います。

代表的な三井住友クラシックカードや楽天カードなども利用付帯ですし、補償金額もこんなに高くはありません。しかも1.25%という高還元率なので、海外旅行のショッピングで貯まったポイントを国内で使えてさらにお得という、もはや言うことなしのクレジットカードです。

REXカードの公式ページはコチラから↓
REXCARD<年会費無料の高還元率カード>

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事