【アルフォンソ2世】シャルル8世のナポリ侵攻目前で即位した悲劇の王 -Alfonso II d'Aragona-
スポンサーリンク

人物紹介

シャルル8世のナポリ進出目前での即位

ドン・フェランテの長男であるアルフォンソは、フランス・ヴァロワ朝がナポリ侵攻を企んでいた1494年に亡くなった父の跡を継ぐ形で、ナポリ王へと即位しました。

ナポリ王アルフォンソ2世となったものの、フランス・ヴァロワ朝のシャルル8世が襲ってくるのは時間の問題でした。アルフォンソ2世は教皇のアレクサンデル6世に助けを求めるもむなしく、シャルル8世は約25,000人という大軍を連れて攻め込んできました。

アルフォンソ2世はナポリの王位を息子であるフェルディナンド2世に譲り、シチリアへの逃亡を図りましたが、シャルル8世のナポリ入りから数か月後にメッシーナで死亡が確認されました。

アルフォンソ2世
画像引用: wikipedia
ナポリ王アルフォンソ2世
家系トラスタマラ家
出生ー死去1448年11月4日ー
1495年12月18日(47歳)
両親フェルディナンド1世(ドン・フェランテ)
イザベッラ・ディ・キアラモンテ
イッポーリタ・マリア・スフォルツァ
トロッジャ・ガッゼラ
子どもフェルディナンド2世
イザベッラ
などイッポーリタ・マリアの間に3人

サンチャ
アルフォンソ
などトロッジャ・ガッゼラの間に2人
**JTBショッピング**

イタリア旅行に行きたくても行けない、そんなモヤモヤをショッピングで解消!

 

イタリア土産や食材など豊富な品ぞろえの"JTBショッピング"で海外旅行気分が味わえます。

 

▽▽▽▽▽

お土産・お取寄せならJTBショッピング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事